Follow
Fumiaki Taka (高史明)
Fumiaki Taka (高史明)
東洋大学 (Toyo University)
Verified email at toyo.jp - Homepage
Title
Cited by
Cited by
Year
レイシズムを解剖する: 在日コリアンへの偏見とインターネット
高史明
勁草書房, 2015
45*2015
Suturing the gender gap: Income, marriage, and parenthood among Japanese Surgeons
K Okoshi, K Nomura, F Taka, K Fukami, Y Tomizawa, K Kinoshita, ...
Surgery 159 (5), 1249-1259, 2016
312016
Organizational climate with gender equity and burnout among university academics in Japan
F Taka, K Nomura, S Horie, K Takemoto, M Takeuchi, S Takenoshita, ...
Industrial health 54 (6), 480-487, 2016
252016
The relationship between psychotropic drug use and suicidal behavior in Japan: Japanese adverse drug event report
T Takeuchi, S Takenoshita, F Taka, M Nakao, K Nomura
Pharmacopsychiatry 50 (02), 69-73, 2017
162017
Analysis of factors affecting the outcomes of in-hospitalized vestibular rehabilitation in patients with intractable dizziness
F Goto, K Nomura, F Taka, M Arai, N Sugaya
Otology & Neurotology 38 (3), 368-372, 2017
122017
在日コリアンに対する古典的/現代的レイシズムについての基礎的検討
高史明, 雨宮有里
社会心理学研究 28 (2), 67-76, 2013
11*2013
日本語 Twitter ユーザーのコリアンについての言説の計量的分析
高史明
人文研究, 131-153, 2014
7*2014
大学生におけるインターネット利用と右傾化: イデオロギーと在日コリアンへの偏見
高史明, 雨宮有里, 杉森伸吉
東京学芸大学紀要. 総合教育科学系 66 (1), 199-210, 2015
6*2015
意図的および無意図的に想起された自伝的記憶の特定性の比較
雨宮有里, 高史明, 関口貴裕
心理学研究 82 (3), 270-276, 2011
52011
在日コリアンに対する古典的/現代的レイシズム尺度の確認的因子分析と基礎的な検討
高史明
人文研究, 69-86, 2013
4*2013
Fancy avatar identification and behaviors in the virtual world: Preceding avatar customization and succeeding communication
M Takano, F Taka
Computers in Human Behavior Reports, 100176, 2022
22022
ストレスマインドセット尺度の邦訳および信頼性・妥当性の検討
慧悟岩本(大久保), 竹橋洋毅, 高史明
心理学研究 90 (6), 592-602, 2020
2*2020
想起意図が想起される出来事の特定性に与える影響
雨宮有里, 高史明, 関口貴裕
埼玉大学紀要. 教養学部 48 (1), 1-13, 2012
22012
ネットテレビのニュース番組に投稿される視聴者コメントの道徳性に基づく分析
西朋里, 小川祐樹, 高史明, 高野雅典, 森下壮一郎, 服部宏充
人工知能学会論文誌 36 (1), WI2-E_1-9, 2021
1*2021
日本語版右翼権威主義尺度の作成
高野了太, 高史明, 野村理朗
心理学研究 91 (6), 398-408, 2020
12020
表情による感情認知における中国人と日本人の文化比較
曹蓮, 杉森伸吉, 高史明
心理学研究 91 (4), 225-234, 2020
12020
インターネットテレビ局におけるニュースチャンネルのユーザ体験が政治関心・ニュース知識に与える影響
高野雅典, 小川祐樹, 高史明, 森下壮一郎
人工知能学会全国大会論文集 第 34 回全国大会 (2020), 1L5GS504-1L5GS504, 2020
12020
Twitter におけるコリアンについての言説の分析
高史明
日本社会心理学会第 53 回大会発表論文集, 311, 2012
12012
Comparison of the specificity of musically cued autobiographical memories
Y Amemiya, F Taka, T Sekiguchi
Shinrigaku kenkyu: The Japanese journal of psychology 82 (3), 270-276, 2011
12011
人種・エスニシティをめぐって (嫌悪: ネガティブな感情はなぜ生じるのか)--(現代社会と嫌悪)
高史明
こころの科学, 48-52, 2021
2021
The system can't perform the operation now. Try again later.
Articles 1–20