フォロー
坂上潤一
坂上潤一
所属不明
確認したメール アドレス: agri.kagoshima-u.ac.jp
タイトル
引用先
引用先
ニジェール河内陸デルタ地帯における氾濫原伝統的稲作の実態
坂上潤一
アフリカの稲作, 37-52, 2008
42008
ニジェールの伝統的稲作の現状と品種
坂上潤一
農業および園芸/養賢堂 [編] 70 (4), p462-468, 1995
41995
イネの洪水被害と冠水抵抗性
坂上潤一, 曽根千晴, 中園幹生
日本作物学会紀事 81 (1), 1-9, 2012
32012
地球表層環境条件における粘土圏の役割-熱帯半乾燥地域における有機-粘土複合体形成の例
八田珠郎, 小口千明, 根本清子, 坂上潤一, 独立行政法人
粘土科学 43 (3), 116-119, 2004
32004
キャッサバの葉の厚さがクロロフィル含量と SPAD 値の相関性に及ぼす影響
田丸翔太郎, 藪田伸, 坂上潤一
日本作物学会講演会要旨集 第 248 回日本作物学会講演会, 115-115, 2019
22019
12 ネリカの生育, 収量および水利用効率に及ぼす土壌水分の影響
樋口桃子, 坂上潤一, 近藤始彦, 丸山幸夫
日本作物学会関東支部会報 27, 34-35, 2012
22012
ガーナにおける稲作の経済性と制約要因―北部地域タマレ近郊農村を対象として―
角田毅, 坂上潤一, 安藤益夫
農林業問題研究 47 (2), 308-312, 2011
22011
ネリカ稲の研究開発と問題点
坂上潤一
アフリカレポート, 2003
22003
異なる土壌水分および日射条件に対する葉のクロロフィル含量, クロロフィル a/b 比および葉面積の変化
後藤啓太, 薮田伸, 坂上潤一
日本作物学会講演会要旨集 第 251 回日本作物学会講演会, 162-162, 2021
12021
オオバコ Plantago asiatica L. の刈取り後の地上部回復および水田畦畔における個体群維持要因の検討
松嶋賢一, 平野繁, 名越時秀, 坂上潤一, 玉井富士雄
雑草研究 59 (1), 1-10, 2014
12014
NERICA の頴花形成, 稔実および登熟に及ぼす土壌水分ストレスの影響
樋口桃子, 坂上潤一, 丸山幸夫
日本作物学会講演会要旨集 第 235 回日本作物学会講演会, 132, 2013
12013
NERICA の生育および光合成に及ぼす生殖生長期の土壌水分ストレスの影響
樋口桃子, 坂上潤一, 近藤始彦, 丸山幸夫
日本作物学会講演会要旨集 第 236 回日本作物学会講演会, 272, 2013
12013
アフリカの地域資源環境を利用した持続的農業の開発
坂上潤一
国際農林業協力 35 (2), 12-18, 2012
12012
アフリカ氾濫低湿地における稲作導入の実態と課題
角田毅, 大矢徹治, 坂上潤一, 安藤益夫
熱帯農業研究 5 (2), 153-155, 2012
12012
西アフリカの未利用低湿地における稲作面積拡大のための適地評価手法の開発
山本由紀代, 辻本泰弘, 藤原洋一, 坂上潤一
熱帯農業研究 5 (2), 156-159, 2012
12012
研究集会: アフリカの低湿地における稲作の面的拡大の可能性と課題
坂上潤一
熱帯農業研究 5 (2), 152-152, 2012
12012
アフリカ地域における洪水を利用した低湿地氾濫原稲作
坂上潤一
湿地環境と作物, 236-241, 2010
12010
海外情報レポート アフリカにおける低湿地水田稲作研究によるコメ生産倍増への期待
坂上潤一
Techno innovation= テクノイノベーション: 農林水産・食品分野の先端技術開発と産業化 20 …, 2010
12010
クロロフィル蛍光特性からみたイネの冠水抵抗性の品種間差異
曽根千晴, 伊藤治, 坂上潤一
日本作物学会講演会要旨集 第 230 回日本作物学会講演会, 276-276, 2010
12010
深根性を指標にしたイネの耐乾性の品種間差異
坂上潤一, 常松浩史
日本作物學會紀事 72 (1), 106-107, 2003
12003
現在システムで処理を実行できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
論文 1–20