栗林健太郎
栗林健太郎
GMOペパボ株式会社
確認したメール アドレス: pepabo.com - ホームページ
タイトル引用先
特徴量抽出と変化点検出に基づく Web サーバの高集積マルチテナント方式におけるリソースの自律制御アーキテクチャ
松本亮介, 田平康朗, 山下和彦, 栗林健太郎
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2017 (26), 1-8, 2017
52017
リクエスト単位で仮想的にハードウェアリソースを分離する Web サーバのリソース制御アーキテクチャ
松本亮介, 栗林健太郎, 岡部寿男
情報処理学会論文誌 59 (3), 1016-1025, 2018
42018
特徴抽出器の学習と購買履歴を必要としない類似画像による関連商品検索システム
三宅悠介, 松本亮介, 力武健次, 栗林健太郎
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2017 (4), 1-8, 2017
32017
serverspec: 宣言的記述でサーバの状態をテスト可能な汎用性の高いテストフレームワーク
宮下剛輔, 栗林健太郎, 松本亮介
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2014 (15), 1-6, 2014
32014
Haconiwa: プログラムによる, 組み立て可能性と拡張性を持つ Linux コンテナ
近藤宇智朗, 松本亮介, 栗林健太郎
第 80 回全国大会講演論文集 2018 (1), 19-20, 2018
22018
FastContainer: 実行環境の変化に素早く適応できる恒常性を持つシステムアーキテクチャ, インターネットと運用技術シンポジウム 2017 論文集
松本亮介, 近藤宇智朗, 三宅悠介, 力武健次, 栗林健太郎
2017 年 12, 89-97, 2017
22017
Web サーバの高集積マルチテナントアーキテクチャと運用技術
松本亮介, 栗林健太郎, 岡部寿男
電子情報通信学会論文誌 B 101 (1), 16-30, 2018
12018
高集積マルチテナント Web サーバの大規模証明書管理と実運用上の評価
松本亮介, 平原正裕, 三宅悠介, 力武健次, 栗林健太郎
研究報告セキュリティ心理学とトラスト (SPT) 2017 (13), 1-8, 2017
12017
なめらかなシステムを目指して
栗林健太郎, 三宅悠介, 松本亮介
マルチメディア,分散,協調とモバイル(DICOMO2018)シンポジウム, 703-709, 2018
2018
精緻に制御可能な恒常性のある高集積マルチアカウント型のメール基盤
松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎, ...
マルチメディア, 分散協調とモバイルシンポジウム 2018 論文集 2018, 1383-1389, 2018
2018
HTTP リクエスト単位でインスタンスの再配置が可能な低コストで高速なスケジューリング手法
松本亮介, 中田裕貴, 栗林健太郎
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2018 (1), 1-8, 2018
2018
HTTP リクエスト単位でコンテナを再配置する仮想化基盤の高速なスケジューリング手法
松本亮介, 田中諒介, 栗林健太郎
研究報告コンピュータセキュリティ (CSEC) 2018 (13), 1-8, 2018
2018
精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計 (インターネットアーキテクチャ)
松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎, ...
電子情報通信学会技術研究報告= IEICE technical report: 信学技報 117 (472), 97-102, 2018
2018
精緻に解析可能な恒常性のあるメール基盤の設計
松本亮介, 小田知央, 笠原義晃, 嶋吉隆夫, 金子晃介, 栗林健太郎, ...
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2018 (17), 1-6, 2018
2018
FastContainer: Web アプリケーションコンテナの状態をリアクティブに決定するコンテナ管理アーキテクチャ
松本亮介, 近藤宇智朗, 三宅悠介, 力武健次, 栗林健太郎
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2017 (14), 1-8, 2017
2017
アクセス頻度予測に基づく仮想サーバの計画的オートスケーリング
三宅悠介, 松本亮介, 力武健次, 栗林健太郎
研究報告インターネットと運用技術 (IOT) 2017 (13), 1-8, 2017
2017
特徴量抽出と変化点検出に基づく Web サーバのリソースの自律制御アーキテクチャ
松本亮介, 栗林健太郎
インターネットと運用技術シンポジウム 2016 論文集 2016, 101-101, 2016
2016
現在システムで処理を実行できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
論文 1–17