佐久間大輔
佐久間大輔
大阪市立自然史博物館
確認したメール アドレス: nifty.com - ホームページ
タイトル
引用先
引用先
A synthesis of (−)-sitophilate by utilizing yeast-mediated reduction of an enol ester
T Sugai, D Sakuma, N Kobayashi, H Ohta
Tetrahedron 47 (35), 7237-7244, 1991
231991
Synthesis of Japanese Boletus edulis ectomycorrhizae with Japanese red pine
N Endo, F Kawamura, R Kitahara, D Sakuma, M Fukuda, A Yamada
Mycoscience 55 (5), 405-416, 2014
172014
Species abundance in floor vegetation of managed coppice and abandoned forest
H Ito, T Hino, D Sakuma
Forest ecology and management 269, 99-105, 2012
142012
里山研究の系譜
深町加津枝, 佐久間大輔
ランドスケープ研究 61 (4), 276-280, 1997
131997
Northeast Asia
YC Youn, J Liu, S Daisuke, K Kim, M Ichikawa, JH Shin, J Yuan
Traditional forest-related knowledge: sustaining communities, ecosystems and …, 2012
112012
自然史系博物館の生態学分野における潜在的可能性: 総合討論をふまえた現状分析と連携の提言 (< 特集 2> 博物館の生態学-市民と生態学者をいかにつなげるか-)
佐久間大輔
日本生態学会誌 55 (3), 474-480, 2005
112005
Advances in Satoyama studies looking for the planning of the interface between people and nature
K Fukamachi, D Sakuma
Journal of the Japanese Institute of Landscape Architecture (Japan), 1998
101998
PCR-Based Method for the Detection of Toxic Mushrooms Causing Food-Poisoning Incidents.
C Nomura, A Masayama, M Yamaguchi, D Sakuma, K Kajimura
Shokuhin Eiseigaku Zasshi. Journal of the Food Hygienic Society of Japan 58 …, 2017
82017
Reevaluation of Japanese Amanita section Caesareae species with yellow and brown pileus with descriptions of Amanita kitamagotake and A. chatamagotake spp. nov.
N Endo, W Fangfuk, M Kodaira, D Sakuma, E Hadano, A Hadano, ...
Mycoscience 58 (6), 457-471, 2017
62017
博物館と生態学 (17) 自然史系資料の文化財的価値: 標本を維持し保全する理由
佐久間大輔
日本生態学会誌 61 (3), 349-353, 2011
62011
Taxonomic consideration of the Japanese red-cap Caesar's mushroom based on morphological and phylogenetic analyses
N Endo, W Fangfuk, D Sakuma, C Phosri, N Matsushita, M Fukuda, ...
mycoscience 57 (3), 200-207, 2016
42016
自然史標本のレスキュー 自然史系博物館の取り組みから
佐久間大輔
ミュゼ 97, 12-15, 2011
42011
博物館と生態学 14: 地域の博物館が担う自然史研究の意義
鈴木まほろ, 亀田佳代子, 佐久間大輔, 真鍋徹
日本生態学会誌 60, 399-403, 2010
4*2010
共生の時代のアウトリーチとアドボカシー: 生態学コミュニケーターの担うもの
佐久間大輔
日本生態学会誌 68 (3), 223-232, 2018
32018
西日本自然史系博物館ネットワークはなぜ即応体制を取れたのか
佐久間大輔
学術の動向 16 (12), 12_52-12_53, 2011
32011
陸前高田市立博物館の植物標本レスキュー
佐久間大輔
Nature Study 57 (7), 5-6, 2011
32011
兵庫県猪名川町の二次林の林分構造および林床植生
伊東宏樹, 日野輝明, 佐久間大輔
森林総合研究所 9 (1), 47-62, 2010
32010
生態学分野における博物館ボランティア研究者の参加が開く可能性
佐久間大輔
日本生態学会誌 56 (3), 266-269, 2006
32006
シンポジウム 「菌類のインベントリー」: 日本の菌類インベントリーに向けて
佐久間大輔
日本菌学会会報 40 (1), 42-43, 1999
31999
博物館総合調査から見た直営館と自治体出資法人指定管理館の現状と課題-運営の継続に向けた課題を中心に
佐久間大輔
日本の博物館のこれから 「対話と連携」 の深化と多様化する博物館運営, 59-65, 2017
22017
現在システムで処理を実行できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
論文 1–20