Follow
Kazunori INAMASU
Kazunori INAMASU
Kwansei Gakuin University, Associate Professor
Verified email at poppy.ocn.ne.jp - Homepage
Title
Cited by
Cited by
Year
The Knowledge Leveling Effect of Portal Sites
T Kobayashi, K Inamasu
Communication Research, 0093650214534965, 2014
422014
To denounce, or not to denounce: Survey experiments on diplomatic quarrels
S Kohama, K Inamasu, A Tago
Political Communication 34 (2), 243-260, 2017
242017
多様化するテレビ報道と, 有権者の選挙への関心および政治への関与との関連: 選挙報道の内容分析と大規模社会調査の融合を通して
稲増一憲, 池田謙一
社会心理学研究 25 (1), 42-52, 2009
152009
Social dominance orientation as an obstacle to intergroup apology
N Mifune, K Inamasu, S Kohama, Y Ohtsubo, A Tago
PloS one 14 (1), e0211379, 2019
122019
「自由」 なメディアの陥穽: 有権者の選好に基づくもうひとつの選択的接触
稲増一憲, 三浦麻子
社会心理学研究 31 (3), 172-183, 2016
122016
政治を語るフレーム: 乖離する有権者, 政治家, メディア
稲増一憲
東京大学出版会, 2015
8*2015
ネット時代の政治コミュニケーション メディア効果論の動向と展望
小林哲郎, 稲増一憲
選挙研究 27 (1), 85-100, 2011
72011
メディア・世論調査への不信の多面性: 社会調査データの分析から
稲増一憲
放送メディア研究= Studies of broadcasting and media, 177-193, 2016
62016
Relationship between the internal locus of control and collective action: A comparison of East Asian and Western Countries
A Fukuzawa, K Inamasu
Asian Journal of Social Psychology 23 (3), 349-359, 2020
52020
Country Assessment Report on the State of Democratic Governance Japan: Pessimism in Mature Democracy
M Yamada, G Steel, K Inamasu, K Ikeda, N Taniguchi
An Asian Barometer Conference on the State of Democratic Governance in Asia …, 2008
42008
Resistance to the six elements of political apologies: Who opposes which elements?
Y Ohtsubo, K Inamasu, S Kohama, N Mifune, A Tago
Peace and Conflict: Journal of Peace Psychology 27 (3), 449, 2021
32021
メディアフレームと情報の立場性が生活保護の責任帰属に及ぼす影響:「責任がある」 のは政府か受給者か
中越みずき, 稲増一憲
社会心理学研究 35 (2), 72-84, 2019
32019
Media priming effect: A preregistered replication experiment
T Kobayashi, A Miura, K Inamasu
Journal of Experimental Political Science 4 (1), 81-94, 2017
32017
ネットワーク多様性尺度としてのポジション・ジェネレーター
稲増一憲
日本版総合的社会調査共同研究拠点研究論文集 13, 45-56, 2013
32013
バイコットと社会参加の社会心理学的研究-JGSS-2008 データを用いた検討
稲増一憲, 池田謙一
日本版総合的社会調査共同研究拠点研究論文集, pp. 73-85, 2010
32010
テキストデータから捉える 2007 年参院選争点
稲増一憲, 池田謙一, 小林哲郎
選挙研究 24 (1), 40-47, 2008
32008
The Impact of Voting Advice Applications on Voters’ Behavior and Political Interest
H Tsutsumi, T Uekami, K Inamasu, HI Levy, J Song, Y Shinada
CeDEM Asia 2018: Proceedings of the International Conference for E-Democracy …, 2018
22018
地方選挙における有権者の政治行動に関連する近接性の効果: 空間統計を活用した兵庫県赤穂市長選挙の事例研究
三浦麻子, 稲増一憲, 中村早希, 福沢愛
社会心理学研究 32 (3), 174-186, 2017
22017
ソフトニュースへの接触は政治的関心を高めるか―一般化傾向スコアを用いた因果推論―
登藤直弥, 小林哲郎, 稲増一憲
行動計量学 43 (2), 129-141, 2016
22016
オンライン調査を用いた 「大学生の保守化」 の検証: 彼らは何を保守しているのか
稲増一憲, 三浦麻子
関西学院大学社会学部紀要, 53-63, 2015
22015
The system can't perform the operation now. Try again later.
Articles 1–20