フォロー
和田有理
和田有理
Doctoral Institute for Evidence Based Policy, Inc. (政策基礎研究所)
確認したメール アドレス: doctoral.jp - ホームページ
タイトル
引用先
引用先
AGES プロジェクトのデータを用いた GDS5 の予測的妥当性に関する検討-要介護認定, 死亡, 健康寿命の喪失のリスク評価を通して
Y WADA, C MURATA, H HIRAI, N KONDO, K KONDO, K UEDA, Y ICHIDA
厚生の指標 61 (11), 7-12, 2014
62014
読解に対する読み手の信念が科学論文の要約の質に与える影響
和田有理, 植田一博
心理学研究 84 (1), 69-73, 2013
52013
農林業への関わりと助け合い活動への参加意識との関連についての分析
服部真治, 市田行信, 和田有理, 廣松正也
厚生の指標= Journal of health and welfare statistics 67 (8), 27-32, 2020
2020
農林業への関わりと高齢者の健康との関連性についての分析
廣松正也, 和田有理, 服部真治, 市田行信
厚生の指標= Journal of health and welfare statistics 66 (15), 28-34, 2019
2019
高齢者のボランティア活動: 生きがい・高次生活機能・背景要因
服部真治, 市田行信, 和田有理, 近藤克則
生きがい研究, 28-47, 2017
2017
SBO5-1-4 コミュニティレベルの社会関係資本と生活満足度・主観的健康 (特別セッション 社会関係資本の実証研究 その醸成要因と効果)
稲葉陽二, 和田有理, 市田行信
日本行動計量学会大会抄録集 43, 332-333, 2015
2015
K392 読解に対する読み手の認識論的信念と要約文章の質との関連 (口頭セッション 65 認知心理学・文章理解)
和田有理, 植田一博
日本教育心理学会総会発表論文集 第 52 回総会発表論文集, 614, 2010
2010
現在システムで処理を実行できません。しばらくしてからもう一度お試しください。
論文 1–7